小説というのは、計算してできるものではありません。何かが舞い降りたときにフワーッとした手応えがやってくるのです。