人間は、死んだつもりになれば何だって出来るし、道が開かれるものです。生れさせてもらった以上、定命(じょうみょう)の尽きる日まで、苦しくても精一杯生き抜く義務があります。