今の読者は、随分わかり易い文章で書いた私の小説でさえ、漢字が多く辞書を引くのがめんどくさいといいます。何かとても大切なものが失われていくようで、哀(かな)しくなります。